一緒に、篠笛を吹いてみませんか。 札幌発の篠笛情報をお届けします。                                  HP http://ainosatopiano.web.fc2.com/fue.htm
2017年07月13日 (木) | Edit |
先週から、北海道に猛暑が! 
本日も、チンチンに暑くて、引きこもり。
そんな中、先週末は、京都へ。
関西の暑さが、本領発揮する前に、出かけて帰ってきたようです。
自分の所属する流派の笛の会が、京都にて開催。
京都御所の前にある、能楽堂へ。
19894604_1260522234070419_5067168577520463665_n.jpg

重厚で、趣き深く、貴重な時間。
個人では成せないことを、流派という大きな団体に属していることで、
自分の想像を超える経験を積んでいます。
この舞台で感じたこと。
もっと練習しなさいという念が私を取り囲んだような。

そういえば、私、奈良組だった
京都は、修学旅行でも、ほんの少し周っただけ。
京都に受け入れてもらえていないような、
そんな気持ちになり、翌朝、清水寺に行きました。
IMGP8349.jpg
飛行機の時間も迫っていることもあり、午前の早い頃に。
人がいない。いい感じ。
IMGP8361.jpg

清水の舞台。迫力。足がすくみます。
そして、修復中
だから、あまり人がいないのかもしれません。
IMGP8371.jpg
どれが柱で、どれが足場なのか。
IMGP8374.jpg

せっかくの舞台、ここで、おみくじを!
振っても振っても出てこなく、やっと出た75番。
初めて見ました。凶。やっぱり、京都はダメなのかなと。
19894746_1260522687403707_4093300886496804439_n.jpg

ゆっくり見直すと、大事なアドバイスが書かれていました。
子に縁あつし、大切に育ててよろし。
生徒さんのことでしょうか(*^▽^*)

そして、 失せもの出がたし。
ずっと探していて、見つからない夏帯があるんです。
冬まで、出てこないかもですね(T_T)

色々と、記念になりました。

京の朱色。
私のイメージでは、もう少し赤いと思っていました。
思いっきり朱色。
あをによし、奈良の都の朱色も同じなのでしょうか。
IMGP8348.jpg

19894560_1260522710737038_8766024670835651260_n.jpg

宿泊先の近くで、ある方面では有名なお守りを。
19905343_1260522350737074_5026657509378592132_n.jpg

皆様、お世話になりました。
札幌に戻り、最初にしたこと。
合唱の伴奏練習。
海の日に、最初の本番があります。

そして、21日は、カルチャーナイト。
23日は、帯広にてロビーコンサート。
30日は、竹あかりコンサート、こちらは、えっ!という演目も予定しています。
詳細は、後日、ご紹介いたします。
明日も、猛暑です。ご自愛ください。

2017年07月04日 (火) | Edit |
7月1日。この日は、忘れられない日になりました。
京ことば*源氏物語*夕顔。
この大きな企画に参加いたしました。
何もかもが壮大で、源氏物語の中に溶け込むのは、
挑戦であり、冒険であり、
異空間での演奏は、自分であったのか、誰だったのか。
今となっては、そんな感じでもあります。

19424146_1439607306133282_2897442718577711306_n.jpg
このお二方とご一緒できたのも奇跡のよう。

IMG_0118.jpg
たくさんの方が来場され、千年の時を超えた。

19511540_1439607389466607_9021800127725864020_n.jpg

会場となった新善光寺。
本堂が素晴らしく、このお寺さんに入れたことも良かったと、
多くの方からお声がありました。

19554154_1439609956133017_7052620013104415634_n.jpg

いにしえの時代の笛の音は、どんなだったのでしょう。
そして、どんな調べが奏でられていたのでしょう。
7月1日は、語りとチェンバロと笛の音が、
古の瞬間を垣間見るような導きを実現出来たかな・・・
19510596_1250694628386513_16455371311037815_n.jpg

そして、その後は、2012年10月からお世話になっているカフェ喜庵へ。
さすがに、この段取りは無謀だったと、
皆様に、ご心配もかけてしまいました。
サタデーシアターVol.10
カフェが、7月末で閉店していまうこともあり、最終回。
ここでは、毎回テーマを決めて選曲、色んな意味で勉強させて頂いた場。
古巣に帰るような安心感。
20170702152600384.jpg

20170702163939f22.jpg

私にとっての大事な曲。
つむぎ歌。
この曲が存在するのは、2年前のサタデーシアターで、
アイヌの古布絵本と出会ったから。
その感謝を込めて、再演。
d0334467_12564943.jpg

たくさんの出会いの場でした。
喜庵。感謝。ありがとう。

2017年06月24日 (土) | Edit |
告知もご案内も出来ないまま、大きな催しが終了しています。
小樽での笛の会。
お天気が心配で心配で、あまりにも心配したので、
思いっきり晴れましたm(_ _)m  感謝です。
DSC_6104.jpg
朝に、この写真を一枚撮り、その後は、ハッと気がつくと、
私の出番になっていました(最後から2番目)。
皆さんは、色々な想いを、笛の音に乗せ、
そして、その音色から、色々な事を想い、
思い出深い笛の会となったようです。
来年しましょうは、ダメです、今出来ることをしましょう。
生徒さんに言われました。
本当にそうです。
笛の会は、一年の集大成でもありますが、
一年の始まりの日です。
宜しくお願いいたします。

そして、晴れの恩恵を受けた催しの後は、
こんなに降りますか、風も吹きますか、、、という日に、
キャンドルナイト。
前代未聞の市役所聖火台前。
竹あかりを灯し、コンサート。
雨風が当たると大変なことになる楽器の方は、
小屋の中に非難したり、中止にしたり。
私は、傘を持っていただけるとの事で、GOGO.
19366510_1303524529767685_980161427997271912_n.jpg
笛の演奏に七夕のお話が入ることもあり、
天の川をイメージした、竹あかり。
DSC_5129.jpg
終了後に、仕事帰りだという男性が、
いいもの聞かせて頂きました、日本の音ですね。
と声をかけてくださいました。嬉しいですm(_ _)m

雨が降っている中での演奏は、2回目です。
傘を持ってくださる方は大変で申し訳ないのですが、
しっとりと音が響いて、実は、心地よかったりします。

そして、待ちに待った時計台まつり記念演奏会。
往復はがきでの応募、かなり、落選があり、、、一喜一憂。
当日、どうなるのかと。。
開場時間前には、時計台を囲むように、ずらーーと並ぶ人の姿が。
本当に、たくさんの方にお越し頂きました。
そして、この催しを楽しみに来ました、というお客さんの気迫が強く、
会場は、高い緊張感に包まれ、演者は、かなりドキドキ。
色々な演目が、いい意味で掛け算になり、
お客さんも、演者も、満足できる公演になったのでは、、と
私的な感想です。

音色を聞いて、舞を見て、曲芸に興奮して、
五感をフル回転させて、プログラムが終わる頃、
演者もお客さんも一体感があり、
これが、伝統芸能の力かなと思ったりもしました。

お越しいただいた方が送ってくださった写真。
19399994_455433008141223_210994407447461266_n.jpg

獅子舞。大人気でした(*^▽^*)
もっと近くで見たかったのお声もあり、
この日の、獅子舞、写真に撮る余裕が無かったので、
一ヶ月前の、制作中の獅子舞をご紹介↓
(縫っているのは、私ではありません、こん太さんです)
DSC_5024.jpg

私は、母の半世紀を超えた振袖を着ました。
夫に、すずめに見えるように撮ってもらいました。
DSC_6147.jpg

時計台まつり演奏会に、賛同してくださった皆様。
ありがとうございました。
また、何か、出来ることを見つけて、
ご一緒できたらいいなと願うばかりです。
そう思っていると、実現するということも、今回判りました(^^

そんなこんなしている中、
笛の会の前々日の朝、
お誘いいただいて、神宮祭の行列の方の着付け手伝いへ。
早朝に、たくさんの人が動いていて、
北海道神宮、人民の力を総動員して、、、
そんな印象でした。
着付けの仕方、これで判ったと思ったときに、終わりました。
いい経験でした(*^▽^*)
DSC_5093.jpg

来週からの催し群へ向かって、スタートです。
その前に、明日、ちょっと旭川へ出かけてきます(*^▽^*)
最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。
良い週末をお過ごしください。

2017年04月06日 (木) | Edit |
色々バタバタしておりましたが、
花巻での笛の会へ、出かけて参りました。
17630024_1159776107478366_1697579246326637522_n.jpg

一年に一度ぐらいしか東北の方とは会えないのですが、
同じ色で、笛の音を奏でることができるのが、
自分の流派の醍醐味と思います。
花巻市博物館。ありがとうございました。
17634548_1159776330811677_1871921983574111975_n.jpg
花巻人形、ほっこりする存在感。
5月7日まで、展示されているので、是非、お出かけください。
17629742_1159776277478349_6612379684864834238_n.jpg

前日は、朝9時に、花巻入り。
北上市の方へ。
出かけた先で、すすめられて訪れたのが、みちのく民俗村。
ここが、ツボでした(*^▽^*)
IMGP7166.jpg

それぞれの建物の中に、お雛さまが展示されていました。
お雛様が新しくても、時代が舞い戻るような感じがします。
IMGP7118.jpg

箱に入れたまま飾ってあるのも、いい感じです。
IMGP7128_201704062111320fa.jpg

超ハードな滞在ですが、出かけてこれたこと、
有り難い時間でした。
その土地土地の空気感があるので、
時間が許すなら、各地の笛の会へ出かけたいですね。

戻った札幌は、春が進んでいました。
近くの森では、まもなく開花ですね。
IMGP7226.jpg

こちら、芽だしもギラギラ。
間違って食べないでくださいね。
IMGP7233.jpg

そして、雛の会の皆さんと、兜を作りました。
こいのぼりは、いまだに、トドっぽさから脱出できていません。
今年の春は、駆け抜けるようです。
明日は、旭川です。
7147.jpg

2017年03月12日 (日) | Edit |
昨日、文学館にて、竹あかり追悼コンサート、終了いたしました。
竹あかりと出会って、色々な場面にも出会い、
熊本に出かけることもあり、そして、灯りの優しさに包まれ、
笛の音を奏でることができました。
17201428_1267701459988128_2230774063383099333_n.jpg

コバケンさんの歌う、竹あかりのテーマソング。
色々なことが走馬灯のようによぎり、
「光を集めて心を一つにする、、、」
まさに、その気持ちに染まりました。
生演奏で聞けたのは、まだ数回目ですが
何度も何度も歌われて聞くことができて、
そんな時間が積み重ねられたとき、
深いつながりの力を持つのではと、
この歌と出会えて良かったなあと思いましたm(_ _)m
DSC_4680.jpg

三角灯篭へのメッセージも、コンサートの前日、
皆さんと書いて、準備しました。
17191179_1441881485831793_2950784517603632299_n.jpg
17264612_1137826279673349_1628516451669475451_n.jpg

当日会場にも飾られました。
17201361_1197355920384547_4679697419060287589_n.jpg

今年度は、竹あかりの時間の中で、
たくさん大事な瞬間を過ごしました。
私と出会って下さった皆様、ありがとうございました。

2月に出かけた熊本で出会ったお雛さま。
このようなポスターを見て、ドキドキ。
IMGP6460.jpg

遠征は団体行動なので、15分自由休憩といわれて、
ポスターのあった所へ走った走った、、、
IMGP6487.jpg

お店の中に、所狭しとお雛さま。。。
被災した家屋から避難してきたお雛さまとの記載。
IMGP6488.jpg

このお店の別棟には、何と何と、
古今雛から現代のものまで、そして、大事なお着物も、
もしかすると、私が目黒で見てきた九州雛の展示よりも、
たくさんのお雛様が展示されていたかもしれません。
IMGP6489.jpg

もう一度この季節に再訪するチャンスがあったら、
もう一度、御船町のお雛さまに会いたいです。

町立の恐竜博物館。
このお雛さまもすごいです。
DSC_4475.jpg

今年度の笛の演奏は、一段落。
来年度に向けての宿題は、どっさり!
今週も元気に過ごしましょう。

2017年03月05日 (日) | Edit |
2月下旬、もう一週間も前の出来事です。
森の時間の皆さんと、九州熊本へ。
北海道は今冬最後かなという吹雪、本州は、春一番のような強風。
そんな中、予定通り、行程をこなせたのは奇跡のよう。。
昨年春の震災から、まだ一年経っていない熊本へ。
1月2月に、熊本からお越しになったCHIKAKENさん達が待っている。
そう思い、大きな懐に飛び込むような気持ちで、出かけたのです。

ジャンルは違えど、演奏するメンバーが多かったので、
被災地の保育園に、出かけました。
子どもたちの歌う「ありがとうの花」 全身全霊で歌う様子。
そして、私達の音楽に目をキラキラさせて、
微笑み、大笑いも、手拍子も、飛び跳ねたり。
DSC_4543.jpg
16999027_1185284884924984_7417847148548072257_n.jpg

震災後、世の中や大人を気遣って、子ども達が遊ばなくなったり、
笑わなくなったりしたと聞きました。
やっと、元気が戻ってきている、そう聞いて、
ありがとうの気持ちでいっぱいになりました。

2月に茶話会で、熊本へ届けるお雛さまを作りました。
雛の会のメンバーも賛同してくださり、作りました。
私も作りました(*^▽^*)
出かけた先で、渡せるのかも判らずだったので、
手荷物に入る分だけ。
DSC_4424.jpg
DSC_443.jpg

保育園の子どもたちに、渡せました。
作り方が気になっている職員さんもいらっしゃいました。
11DSC_4477.jpg

昨年から参加させて頂いている「竹あかり」
本家のCHIKAKENさん達と一緒に、
水前寺公園の竹あかりをセッティング、
そして、商店街の参道にて、演奏も致しました。
IMGP6500.jpg

ライトの準備や、壊れているところを修復したり。
16939515_1185296508257155_4388696175908588800_n.jpg

16999128_1186251018161704_2451903784027907956_n.jpg

IMGP6631.jpg

IMGP6643.jpg

IMGP6666.jpg

カップに、保育園や小学校の子どもたちのメッセージを
一つ一つ貼り付け、公園の中に設置しました。
IMGP6774.jpg

たくさんの方が訪れ、優しい灯りに、和んでいました。
そんな瞬間を、熊本の方と作り、そして体感できたのは、
とてもとても素晴らしいことでした。
その中で、昼間と夜に、2回、演奏の機会がありました。
15556182_1811109135815062_1306202655_o.jpg

北海道の大地を笛の音に、カムイの森。
そして、ご一緒したメンバーの、歌の力に圧倒されました(*^▽^*)
素晴らしい方たちばかり。

熊本は、北海道からすると、あたたかい、、、はずですが、
やはり季節は初春。風が吹くと寒く、骨の中まで冷えました。
私は、時代を超えて出てきたおばさんみたいですね。
DSC_4524.jpg

朝から夜まで半日以上、お着物で、
最後は、帯が落ちる寸前でした、、
熊本のメンバーは若く20代、森の時間も、半分の方は、30代。
皆に迷惑かけないよう必死でした。
大事な時間、参加させて頂き、ありがとうございました。
森の時間代表の熱い想いが、距離を越えた可能性を動かす、
そんなことも感じました。

そして、今年度の最終のJAPAN×竹あかりコンサートは、
3月11日(土)です。
震災の日です、お家元の大事な曲を、
札幌のメンバーで演奏できることになりました。
お時間ありましたら、是非、お出かけください。
竹の灯りと、篠の音と。
オカリナや薩摩琵琶、そして、歌声とハンドベル。
北海道立文学館にて、18時半開演です。
お待ちしています。
16996239_1186440934809379_1474773556700322645_n.jpg

2017年02月19日 (日) | Edit |
昨日、八重の衣の雛まつりコンサート。
1月末から、お雛さまを展示している喫茶いまぁじゅさんにて開催。
大荒れ予報もありながら、朝には、嵐も去り、穏やかな冬の日。
札幌でのお雛さま関連のコンサートは、実は、初めてでした。
コンサート告知してから、トントンと予約が入り、
おかげさまで、たくさんの方にお越し頂き、
さらに、会場では、3週間目になる展示雛さん達が見守る中、
演奏させて頂きました。
この機会に、、、と、遠路、北見からお出かけ頂いた方もあり、
また、昨年のRさんの雛展示を見て、
あの感動をもう一度と、訪ねてくださった方も多く、
皆のそれぞれの力を結集させての、ひなまつりコンサートとなりました。
16807821_1121265724662738_8330920909291618778_n.jpg

協賛展示を頂いている葛岡氏に、
羽衣の音に乗せて、竹取物語を書いていただきました。
どの竹から、かぐや姫が現れるのでしょう!
16649370_1222986447815083_3177620609301274577_n.jpg

そんな想像もかきたてる作品。
演奏家冥利に尽きる瞬間です。
ありがとうございました!!
演奏後は、にこやかにσ(o^_^o)
16708558_1121265594662751_7968069065224206312_n.jpg

雛の会の展示も、ハイシーズン突入。あと2週間です。
是非、おひなさまと出会ってください!
コンサート後、最後まで残って下さった親愛なる方達と(*^v^*)
ありがとうございました!!
111487417542615.jpg

私的な反省は、マイクでしょうか。
響かない会場だったので、マイクを使いましたが、
金属っぽい音色になっていたかなと。
自分で調整できるように、そういう勉強も必要かもしれません。
課題は山積み(゜-゜)!

自宅の玄関にも、飾りました。
これから2週間、大事な出来事満載です。
宜しくお願いいたします。
16830704_1121265701329407_5516225834920637363_n.jpg



2017年01月23日 (月) | Edit |
1月22日、JAPAN×竹あかり、開催されました。
たくさんの方にお越しいただき、そして、応援していただき、
無事終了いたしました。
今回は、写真、動画撮影禁止だったので、
舞台の様子は、森の時間さんからの公開をお待ちください!
熊本からCHIKAKENさんがお越しになり、
ステージをプロデュースしましたので、
本当に素晴らしい竹から生まれた空間でした。
トークライブの時間に、竹あかりのことを語られ、
私は、控え室のモニターで聞いていましたが、
自分の出番のこともあり、大事なお話に集中できず、(涙)
竹あかりの向こうに見えてくるものを、、、との言葉が私の中に残っています。

私の演奏の方は、オープニング、桜花、演奏いたしました。
日舞の鈴友理さんに、私の「桜舞」を舞っていただきました。
桜舞は、冥利に尽きる曲と思います。
昨年は、書道部に揮毫していただいて、
今回は、舞っていただいて。
ありがとうございました。
打楽器奏者のKさんに、ジャンベを叩いていただき、
北海道の大地をイメージした曲を!
歌詞も入れて読んでいただき、お家元の大事な曲も。
持ち時間いっぱいいっぱいまで、想いをこめて。
ありがとうございました。
楽屋にて、鈴友理さんと ↓
16195673_1095644447224866_1839184046912959413_n.jpg

自分は、表をしますが、裏もするので、
これだけの催しを開催するのが、どういうことか、
どれだけの力の結集が必要か、想像つくのですが、
それを超えるエネルギーが集結しました。
竹あかりと出会えて良かったなあと、しみじみ思いました。
今日の「森の時間」ラジオで、代表が、
忘れられない一日になりましたと話していました。
本当に、そう思います。
全てのみなさん、ありがとうございました。

書いていただきました(*^▽^*)
16298524_1095644410558203_697070773174160992_n.jpg

今年の演奏初め、竹あかりからスタートしました。

次は、こちら。
16114752_1089671044488873_342885592623904545_n.jpg

↑3年生からの色紙、、、
10日後は、合唱です(*^▽^*)
お雛様の展示会も始まります(*^▽^*)
八重の衣の雛まつり 協賛コンサートも致します(*^▽^*)
よろしくお願いいたします。

2016年12月25日 (日) | Edit |
クリスマス連休、お天気の攻撃を受け、空港で何千人という方が難儀した中、
ほぼ予定通り、飛行機に乗って、マリーン登場(*^▽^*)
なんて、言ってしまったものだから、
あの、マリーンさんが来るのですか
えっ? あのヽ(*゜∀゜)ノ マリーンって(;O;) 妹なんです(σ;´∀`)σ

山口千那+マリーン
モエレのホワイトクリスマス。当日は、奇跡の晴れ。
晴れても、渋滞は厳しく、そんな中、たくさんの方がお越しになってくださいました。
15621606_1070643506391627_5595458922976577323_n.jpg

15665428_1070643453058299_692903560198156861_n.jpg

15726728_1070643433058301_6915958204286533211_n.jpg

ジャンルは違うけれど、かもし出す雰囲気が似ているのが、
やはり姉妹なのかもしれない、そんな二人の演奏を、
特に、妹のことを、両親が一番ドキドキ心配して、
そして、一番喜んでいたように見えました。
15672727_1070643476391630_2845985812509737084_n.jpg

モエレの皆さん、企画の橋渡しのKさん、
お越しいただいた皆さん、応援して下さった皆さん、
ありがとうございました。
今年一年の演奏納め。素敵な時間となりました。
この3日間で、たくさんの演奏家が出演し、
控え室で、あら!!という再会もあり、そんな瞬間が、
来年の自分の展開を考え直す切り口になったりもしました。

大雪始まりの初日、遠路何時間もかけて札幌入りした、友人の馬頭琴グループ。
残響たっぷりのモエレに壮大に響く音色が心地よく、
たくさんの方に聞いてほしかった、来年、晴れの日に、リベンジして欲しいです。
15622613_1069691603153484_5679173968166799578_n.jpg

クリスマスは、大切な友人たちと(*^▽^*)
15740841_1070643416391636_8611741755914840491_n.jpg

こんな素敵なお料理を。
15697914_1070643396391638_6988960072083899775_n.jpg

来年の打ち合わせも進み、、、
怒涛の2016年も、あと1週間です。

先週、京都のお雑煮というものに、初めて出会いました。
15726405_1070643556391622_5573020890565328085_n.jpg

こんなに違うのだから、
気持ちも、感じ方も、何もかもが、色々あるのが、あたりまえ。
そんな中で、ピピッとつながる糸を持った方と、
今年はたくさん出会うことができました。
ありがとうございました。

最終週、元気にお過ごしください!

2016年11月06日 (日) | Edit |
文化の日。
ここ1週間、濃厚な芸術の秋を過ごさせて頂きました。
想定外だったのは、芸術の初冬になったことですね。
文化の日は、昨年に続き、菊まつり芸能ステージへ。
ステージの菊が見えない!!というぐらい、
皆で参加いたしました。
色々な教室の方が集まったのですが、
同じ波長を持って演奏できるのが、私達の流派の醍醐味と思います。
image6.jpg
1_20161106200626618.jpg

私は、紅葉の帯 (゜-゜)!
DSC_3790.jpg

同じ日の夜は、文学館へ。
篠笛と箏による和楽器の調べ。
お客さんの動員が読めず、ドキドキでしたが、
たくさんの方にお越しいただきました。
実は、整理券無くても入れるはず!!
と思ってお越し頂いた方が多かったのです(汗汗)
寒い日と皆さんの熱気で、
文学館のガラスが、温泉プールのように結露しました
14947456_1103389003108162_4640845253794835696_n.jpg

今回、ご一緒していただいた、お箏の方たちの演奏が
ホントにホントに素晴らしかったのです。
素晴らしいご縁にもなり、感激でした。
私達の笛も、それぞれの方の持ち味を出せたかなと、
色々な意味で迷いもありましたが、
このコンサートをやってみようと、決断してよかったと、
しみじみ思っています。
一緒に出演された皆様、お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

そして、週末は、帯広へ。
恒例になった、百年記念館でのロビーコンサート。
ここ数日で、帯広的には、かなり早い積雪、
皆さん、実は、タイヤ交換していない、、、なんて状況で、
もしかすると、お客さん皆無かも、、という、蒼白状態。
でも、どんな時でも、準備は、いつも通り(*^▽^*)
今年は、鶴がいっぱいです。
DSC_3835.jpg
↑何となく、この鶴は、萩の月かな(^◇^)
私も、便乗して、鶴が舞うお着物。
DSC_3834.jpg

控えめでしたが、想いの強いお客さんにお集まりいただき、
熱心に聴いていただきました。
6回目の開催、初回から参加のメンバーも!
DSC_3829.jpg

次回は、こんなしようと、もう、そんな話になっています
帯広地区の今後に乞うご期待!!

翌日は、初めての おびひろ菊まつりに参加。
菊の香りが漂う、とかちプラザのアトリウムにて。
DSC_3849.jpg

このばん馬は、原寸大とのこと!!
DSC_3816.jpg

私は、花いっぱいの晴れ着チュニックです。
ミリィさん作のバルーンが魅力的。
DSC_3857.jpg

ここ1週間、たくさん演奏させていただきました。
その中で、邪念がよぎる時もあり、
純粋に、笛の音と向かいあえるようになるには、
まだまだ修行が必要なようです。

今だから言えますが、結構、濃い日程で、
大丈夫かなという不安もあり、
おかげさまで、何とかこなすことが出来ました。
とはいえ、最大の山場は、明々後日かも。
帯広教室に向けて、もう一度、帯広へ。
天気予報、大荒れ猛吹雪予報
どうなるのでしょうΣ(゚Д゚|||)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今週も、元気に過ごしましょう。