一緒に、篠笛を吹いてみませんか。 札幌発の篠笛情報をお届けします。                                  HP http://ainosatopiano.web.fc2.com/fue.htm
2013年07月24日 (水) | Edit |
先週、会津若松へ、出かけてきました。
震災後、私にとっては、初めての東北上陸になりました。
7月に、会津へ出かける、その気持ちを受けて、
春から、会津のお米を食べていました
本当に美味しいお米です。
会津近郊での車窓からは、どこまでも稲。
私の目には、何も見えません、空気に何かが含まれていても、判りません。
本当に美しい大地です。
IMGP1877.jpg

催し参加のための、会津行だったのですが、
その合間を縫って、少しですが、会津、喜多方、見てきました(*^▽^*)
喜多方は、朝早すぎて、人もいないし、開いている所もあまりなく、、、
でも、ここに来たからには、せめてラーメンを食べなければ、、、
でも、実は、肝心な事が、判らず、
観光案内の方に、思い切って聞きました。
「喜多方ラーメンと中華そば、どう違うのですか」
「??ハハハ、、、同じですよ(*^▽^*)
 私達が子供の頃は、中華そばとか、支那そばとか言っていて、
ここ2・30年ですよ、地名を入れて、喜多方ラーメンと呼んでいるのは・・・」

何となく、そうだとは思っていたのですが、
違ったら残念だしの気持ちがあり、いい感じのお店、見過ごしてしまっていたのでした。
IMGP1868.jpg

時間がなく、そこには↑、もう戻れないので、
駅の近くで、中華そばと表示があり、喜多方ラーメンの旗が出ているお店を見つけ、
メニューで、中華そばを注文し、
しっかり、喜多方ラーメンを食べたのでした(*^▽^*)
美味しかったです。
17418_376963045759680_828868440_o.jpg

雨上がりの空気は清々しく、
私は、乗り鉄、撮り鉄。
良くわからないけど、乗った列車の写真を撮り、
帰宅して、夫に見せたら、新潟色でしょ、とか言われ、
相変わらず、???なのですが、楽しい時間でした。
IMGP1808_20130724221843.jpg

本題の、会津の鶴ヶ城は、時間が合わず、入城できず、
外から眺めた、唯一の写真。
IMGP1762.jpg

朝、4時半。
外が赤く明るいと、起きてみると、
朝焼け(*^▽^*)
良い一日の始まりです。
催しは、充実の時間。
頻く頻くと続ける事が大事と感じた一日でもありました。
皆さんに、お世話になりました。
そして、福島の大地が、沁みるように、うつくしかった事。
自分の目で見て、足で立ち、息を吸い、感じられたすべてのこと、
ありがとうございました。
IMGP1894.jpg

2012年05月05日 (土) | Edit |
一番弟子、、、
意味は二通りあると思いますが、
私にとっての、最初の弟子ということで、、、
その彼女が、関西に、それも、私の大好きな吉野山に、、、
毎年出かけていたのですが、丁度、来訪していなかったこの2年、
3年ぶりの再訪、やっと再会できました(*^▽^*)
着いた日は、雨、かなり降りました。
サクラも、散りました(T_T)
金峯山寺422

悪天候のおかげで、ご開帳している日本最大の秘仏、
並ばずに、ゆっくりと、拝観させて頂きました。
(桜満開の休日は、拝観券を購入するのに、2時間待ちだったそうです
この日は、吉野山宿泊だったので、夜の帳に包まれた頃、
このお寺の前で、彼女と再会。
少し谷の方に降りれば、音を出せるからと、
結構、怖かったのですが、行きました。
そこで、彼女の鳴らす、法螺貝。
山を三つぐらい越えていくような、はっきり、こだましているのが感じられ、
静寂と闇を、音のエネルギーが刺激して、時空を超えるかのような、
これって、楽器の原点かなと、とてもとてもジーンと沁みて、
生きてて良かった…なんて思ってしまったのでした。
もう一年位、吉野山に居るとのこと、
来年も、会いに行きますね。きっと

法螺貝はこんな楽器です ...

2012年05月03日 (木) | Edit |
私の大好きな童謡の中に、「毬と殿様」があります。
和歌山城内に、毬と殿様の歌碑がありました。
毬と殿様歌碑422

私達が和歌山城に着いたのは、10時。
丁度、ボランティアガイド開始時間で、一緒に周ってくださり、
短時間滞在だったのに、しっかり、大事なことを聞きながら、
一周する事ができました。
和歌山城422

紀州の殿様が、長い年月、君臨していた和歌山。
とっても穏やかで、豊かで、土地にエネルギーがあるように思い、
私の中で、もう一度行きたい場所になりました(*^▽^*)
そして、食べ物が美味しかったのです。
桜が数日前に散ったとのこと、
その下で、もう牡丹が咲いていました。
牡丹422

2012年05月02日 (水) | Edit |
4月下旬に出かけた関西での旅の様子です。
元々、奈良県に出かける予定でしたが、
急に思い立って、和歌山県にも行ってみよう、初めてです(*^▽^*)
娘道成寺を練習している事もあり、道成寺に行きました。
桜は、すでに散っていましたが、その分、新緑が美しかったです。
道成寺421

道成寺、御坊という駅から、2㌔弱の所にあります。
時間の都合もあり、駅からタクシーで。
道成寺に着き、タクシーが去っていきました。
それから、夫と顔を見合わせて、これって、まずくない、、、
そう、誰もいないのです。
今まで出かけた関西のお寺などは、とにかく混んでいて、
そのつもりでしたが、誰もいないのです。
もちろん、折り返しのタクシーが行き来する気配もないのです。
いざとなれば、歩ける距離なので、とりあえず、良しとしました。
お寺の中には、歴代の娘道成寺を演じている写真が、
ずらーっと飾られているようでした。
そして、大蛇の頭?が見えました。
釣鐘まんじゅう、釣鐘せんべい、そして、和歌山のミカンを購入して、帰路へ。
近くにJRの駅があり、一時間に1本の列車がタイミング良く来ました。
慌ただしかったですが、道成寺、行ってきました(`◇´)
道成寺駅421

2010年10月03日 (日) | Edit |
遠野にちなんだわらべ唄系の曲が、たくさんあるので、
それを、遠野で吹いてみたくて、
遠野へ向かう列車の車窓から見えた大きなネムの木、
あそこがいいなあと、翌日、出かけたのでした。
ねむの木
遠野の隣の綾織駅です。
田園風景の中にポツンと駅があり、もちろん無人駅で、
とっても暑い夏の日でした。
綾織駅
北海道より気温も湿度も高いからか、
笛の音色が、空気の中で、膨らむような感じがしました。
北海道の野外で笛を吹くと、音色が吸い取られるような感覚があり、
微妙に苦しくなることがあったりします。
それが全く違う感覚で、音色が豊かになっていく空気、
不思議な感じがしました。
釜石線
笛が喜んでいる感じ、
笛の素材の篠竹の北限は、福島県辺りと聞きますので、
そこにかなり近いからかもしれませんね。

2010年09月28日 (火) | Edit |
昨年、所属している流派の発表会が、岩手県遠野市の宮守で開催されました。
遠野の昔話を語る方がいらっしゃるので、
発表会翌日は、貸し切りバスで、遠野巡りとなりました。
皆でゾロゾロと、ちょっと慌しい感じでの観光だったので、
もう一度、ゆっくり訪ねたいなあと思っていました。
今年の夏、実は、遠野へ再訪したのでした。
カッパ淵で、笛を吹きたい!
昨年は、皆で出かけたので、皆で吹けば怖くない状態でしたが、
一人で笛を吹くことは、ちょっと勇気がいります。
夏休み中でしたが、意外と観光客の姿は少なく、
でも居ないわけではなくて、
しばらく待っていたら、誰もいなくなる瞬間がありました。
カッパ淵
かっぱの曲があるので、それを、気持ちよく吹いて、
観客は、かっぱさん(^O^)
カッパ淵のカッパ
とってもいい感じでした。
曲が終わる頃、こちらに向かってくる人影が見えました。