一緒に、篠笛を吹いてみませんか。 札幌発の篠笛情報をお届けします。                                  HP http://ainosatopiano.web.fc2.com/fue.htm
2014年03月30日 (日) | Edit |
今春のお雛さま集大成。
かねてから行きたかった、つるし雛発祥の地、伊豆稲取。
1月下旬から3月末までの展示。ギリギリセーフで、行ってきました。
もう時期も終盤だったので、あまり人の気配もなく、お雛さま空間独り占め。
IMGP1689.jpg

とにかく、つるしてあります。
桃ばっかり、というのも、圧巻。
IMGP1686.jpg

その昔の人々の願いが形になった、つるし雛。
それを見ていると、おたる雛めぐりで出会ったお雛さま達が、
どれだけすごいか! 昔の小樽が、どれだけ繁栄していたのか。
あんなにすごいお雛さまが、北海道にあるって、
本当に素晴らしいと、しみじみ感じました。

これは、お惣菜弁当屋さんの入り口で。
お雛さまを意識しすぎないで、お花だけを吊るしているのも、
とっても魅力的(*^▽^*)
IMGP1716.jpg

金目鯛が特産の稲取。
今回は、時間不足もあって、食する事は出来ず、、、
つるし雛の中にも、金目鯛。
おめでたい意味と魔よけの赤。
IMGP11709.jpg

稲取に行かなければ、出会えなかっただろう吊るしは、これ。
鯛の鯛。
子供の頃、煮魚を食べる時、
鯛の鯛を取り出せたら、大したもんだとか言われて、
意地になって、取り出していた(^^ 
今でも、煮魚の時は取り出して、だからどうするという訳でもなく、、、
それが、つるされていて、つるし鯛の鯛\(@^0^@)
今回の稲取行で、一番感動した瞬間でした。
IMGP1691.jpg

お雛さまの次は、端午の節句。
まだ何もビジョンはないけれど、
端午の節句とともに、何か出来たらいいなと思っています。
家のお雛さま、やっと片づけて、主人の五月人形をかざりました。
稲取のつるし端午の節句↓ こちらも、素敵でした。
IMGP1631.jpg


2014年03月20日 (木) | Edit |
ここ数年、冬の時期に予定が重なり、
私としては、盛りだくさんの3か月。
きちんとこなせるのか、心配な面もありましたが、
何とか、ここまで月日を過ごせました。
昨年に続き、今年も、岩見沢での震災チャリティーへ。
どうしても演奏したい曲があり、もう2週間前ですが、出かけてきました。
この時期になると思い出すことがあります。
2010年の秋でしたが、釧路の方から、
帯広での講座の事で問い合わせを頂きました。
1DAY講座だけでも受講したかったとのお話でしたが、
開催日には、もう船に乗って石巻へ出発しているから、、、
東北は、私と同じ流派の教室ありますから、
是非、門をたたいてみてくださいと話しました。
その後、震災があり、
あの時、問い合わせをくださった方は、どうされているのだろうと。
IMGP0206.jpg
昨年、お雛さまがご縁で頂いたクレマチス。
無事、再び開花しました(^^
今年も、お雛さまの輪から、色々な出会いを頂きました。
ありがとうございました。
ここから一年、スタートです。
実家で咲いているシンビジュウム。
毎年、豪華に咲きます。
花が咲きやすい種と、母が言います(^^
48064_491476367641680_2074190320_n.jpg


2014年03月06日 (木) | Edit |
待ちに待ったお雛さま行事。
昨年の悪天候での中止を思い出しながら、穏やかな一日に感謝して、
おたる雛めぐりへ向かう。
1920519_484633364992647_2023461921_n.jpg

3年目の参加、運河プラザへ入ると、超貴重なお雛さまが展示されている。
何か粗相があっては大変なので、
実は厳重な監視下での展示だったと、後で聞き、納得。
IMG_20140301_105804.jpg

多くの方が来場され、一緒に、お雛さま時間を楽しむ。
応援に来て下さった方も多く、感謝の気持ちでいっぱい。
さらに、綺麗な写真まで撮って頂いたり。
IMGP192.jpg

3月4日は、桃の節句スペシャルと題して、女子会ランチ会。
企画打ち合わせの段階で、お雛さまっぽいデザートを、、、
なんてリクエストしてしまったら、素晴らしいドルチェが登場。
さくら*ホワイトガートショコラ。
あまりにも美味しくて、私は、実は3回も食べてしまった
試食、ランチ会、後日、、、
1743509_484633418325975_999955674_n.jpg

各テーブルに、お雛さまを展示。
間近で、お雛さまを見つめながら、女子会。
そう、女子会は、女子パワー沸騰!
沸騰した空気の中で、演奏できるのだろうかと思う瞬間もありながら、
お雛さまが空気を和に導き、笛の演奏との橋渡し。
1888645_484633374992646_1673937321_n.jpg

創意工夫の中で、素朴で雅なお雛さまを製作された
Ruriさんの全面的な協力あって実現した、桃の節句スペシャル。
ありがとうございました。

先月、パーソナルカラー講座に参加。
好きな色と似合う色、同じ時もあるけれど、違う時もある、、
お雛さま季節になると、どうしても袖を通したくなるお着物がある。
345.jpg

実は、私のパーソナルカラーでは無いけれど。
おたるでの帯も、やっぱりこの感じ。
IMGP6278.jpg

私にとっての、お雛さまカラーなんだと思うのです。
今年、構想は練ったけれど、表には出せなかった、もりのひなまつり [ 小出保子 ]
お話の内容は、そういえば、今回の桃の節句スペシャルに、
お雛さまを出張展示した事に、少し似ているかも\(@^0^@)
もりのおひなさまも、お雛さまカラーのお着物ですね。
お雛さまパワーと共に、これから一年、元気に過ごせたらと思います。
やがて、春ですね。
1780692_484633351659315_1264281176_n.jpg