一緒に、篠笛を吹いてみませんか。 札幌発の篠笛情報をお届けします。                                  HP http://ainosatopiano.web.fc2.com/fue.htm
2014年09月30日 (火) | Edit |
9月最終週末は、彦根方面へ、でかけてまいりました。
大人気のひこにゃんです!
時間が合わず、生ひこにゃんには会えませんでしたが、、、
h1.jpg

最高気温28度! 
数字の割には、爽やかで涼しい感があるのは、
やはり秋なんですね。
どうしても見たかった、この時期にしか見れない、彼岸花。
内地の方には当たり前の景色が、私には興味津々。
列車の車窓からは、線路沿い、畑の周辺、川の土手、
真っ赤に咲いていました。
やっと見つけた、笹竹と彼岸花。
h3.jpg

本題は、笛の会の全国版。
各地から、門下生が集結。
江戸時代、1800年に建築され、移転に移転を重ね、
最初に建築された場所に戻って、現存している能舞台。
国宝であり、世界遺産へと歩み始めているという。
こんなに素晴らしい場所での催しに参加できるのも、
団体力の成せること、感謝この上ない瞬間です。
能舞台は、芸能の磁場が出来ているような、
芸能の神様が、あの日は、お越しになっていたような、
皆さんの演奏が、いつもに増して輝きを持っていました。
その感触が、きっとこれからの糧になっていくのかなと思います。
私は、午前と午後に、演奏しました。
午前の時は、鳥のさえずりが聞こえ、気温が上がっていく空気感、
太陽が動く感じ、風の匂い、自然の力の後押しがあり、
いい間(マ)を持って演奏できたような気がします。
午後の演奏は、橋掛りを歩きながら、ここを決めるぞという所が決まったのに、
その後、(*.*~~(゚O゚;;(゚□゚) となり、
芸能の神様は、私に、ちゃんと何処かでリベンジしなさいと伝言を残し、
終了となりました。
色んな場面を経験できるのも、笛をやっててよかったなあと、
いつも思います。今回もそんな想い深く、彦根の舞台に参加致しました。
翌日、もう一度、能舞台を見に博物館へ。
博物館の展示も、まだ何もみていなかったので、
昨日の想いとともに、見てきました。
能舞台は、昨日とは、全く別の空間に見えました。
やはり笛の会の日は、特別な日(ハレ)、晴れ舞台です。
そして、翌日は、日常(ケ)の中で、次のハレの日まで、
時の流れを受け止め、黙々と、堂々と存在していました。
写真は、翌日の能舞台です。
h5.jpg

彦根城の天守閣から、見えた景色。
海!と思ってしまう、琵琶湖。
h6.jpg
すごいよと言われていた城内の階段。
手すりにしがみつき、這いつくばるようにして上り下り。
h2.jpg

そして、ホテルロビーのひこにゃんと(*^▽^*)
h4.jpg

明日から、10月ですね。
催し月間です。
追って、お知らせ致しますm(_ _)m

2014年09月19日 (金) | Edit |
雨の降り方が、気まぐれ。
時々、寒くて、まだ付けないけど、ストーブを見てしまう。
やがて、菊が咲く。
秋まっしぐら。
IMGP6394.jpg

9月は、何となく、気持ちは、のんびり。
秋に向けて、準備することは、盛りだくさん。
10月の帯広での催し。
版画展。
20140917.jpg

そして、11月の帯広でのロビーコンサート。
気が付けば、vol.4 
継続できることの幸せ。
2014917.jpg

10月は、他にも、2つ催し予定あります。
そして、笛ではないけれど、結構過激な予定に、
首を突っ込み始めていて、大丈夫かな私、、、
頑張れるときに頑張ろう。
来週の彦根行き。
どうやって行くのだろう。
名古屋から入るので、かなり乗り鉄になりそう。
江戸時代からの能舞台とのこと、
今回は、暗譜しました(*^▽^*)
笛のシンカの皆さんに、お会いできるのが楽しみです。

2014年09月13日 (土) | Edit |
暑いと、暑すぎるから、、、寒いと、寒すぎるから、と、
いつも勝手なことを言って、活動が鈍ったりしている。
そんなこんなしていると、9月も中旬。
版画展示を見に、時計台へ(*^▽^*)
次から次へと観光の方が、かなり賑わっていました。
版画は、佐藤国男氏。
1IMG_20140913_120258.jpg

作品の入れ替えありで、28日まで。
絵本では何度か見ていましたが、版画作品で見るのは初めて。
何ともいえない透明感と木目が印象的です。
額縁も素敵で、惚れ惚れ。
1IMG_20140913_112119.jpg

10月に帯広でも、版画展示会が予定されています。
その時は、かなり多くの作品が展示されるとのこと、
楽しみです(*^▽^*)
そして、私も、その会場でミニコンサートという形で賛同させて頂く予定です。
詳細は、追って紹介いたします!
IMG_20140913_113027.jpg
 
時計台2階の演舞場は、空気感が爽やかで、とても落ち着く空間。
篠笛の教室の方で、ここは、昔、学生の勉強する場として開放していたと、、、
今の図書館のような感じでしょうか、50年位前?の話でしょうか?
きっとその時の、若者の気持ちが蓄積されて、磁場になっているのかも。
ここで、また演奏できたらいいですね。

時計台の係りの方が、
間もなく12時です。鐘が、12回鳴りますよ。
ここの柱や壁に触れて、是非、鐘の振動を体感してください、、、

たくさんの観光の方と一緒に、私も、鐘の音と振動を受け止める。
鐘の音を聞きながら、時計台の鐘との思い出が甦ります。

何となく、時計台から感じる波動と似ていて、好きな建物。
利尻島郷土資料館。
IMGP2720.jpg

時代を越えて存在するのは、とても大変なこと。
今月末は、彦根の能舞台に、出かけます。
笛との出会いが導く、色々な出来事。
感謝いたします。

2014年09月01日 (月) | Edit |
先週末、北海道地区の笛の会が無事終了致しました。
ご協力応援頂きました皆さま、参加された皆さま、ありがとうございました。
素晴らしい晴天で、正に、北海道!という日に、
小樽にて開催でした。
私は、前日に、小樽で打ち合わせがあり、
小樽泊の方が、翌日便利かなと思い、初めての小樽泊。
と言っても、観光シーズン、北海道マラソンの影響か、
やっと見つけた宿泊先は、天狗山ロープウェー入口。
翌朝、程よく起きるはずが、
日の出とともに、朝5時には、カラスの大騒ぎが始まり、
そう、天狗山で、カラスが寝ているのですね。
1時間位大騒ぎして、小樽の街へ、カラスが降りて行きました。
すごいです。。。
IMGP0300.jpg

ロッジ風の宿泊先に、どう見ても、不自然なお着物姿。
マリンホールに到着してからは、始まったら、あっという間で、
気が付けば、千秋楽。
私は、暗譜で演奏してみました(*^▽^*)
参加された皆さん、想い深く、それぞれの方の音色を
響かせていました。
お互い刺激を受けて、また来年、会いましょうと、
皆さん、笑顔にて解散。
思い出深い発表会になりました。

本日、道新教室。
発表会の色々な話で盛り上がりながら、
復習を多めに、
来月からは、また次に向けて、新たにスタートとなります!
教室終了後は、隣の市役所へ。
お昼の元気カフェコンサートで、、ピアノの先輩が演奏するので、ダッシュ!
当たり前ですが、ピアノ曲は音が多く、構築の美。
枠や形をしっかり主張して、一人オーケストラ。
笛は、同じ気持ちではあるけれど、
それを主張せず、本当はあるのだけど、枠が無いかのように演奏する。
音楽の表現には、色んなアプローチがあるなあと感じます。
IMG_20140901_122133.jpg

追って、紹介できるよう、次の準備、始めます!
意外と残暑厳しいので、体調崩さないよう、お過ごしください。
来週は、仲秋の名月ですね。
皆さん、どこで、お月様を眺めますか。。