一緒に、篠笛を吹いてみませんか。 札幌発の篠笛情報をお届けします。                                  HP http://ainosatopiano.web.fc2.com/fue.htm
2013年06月30日 (日) | Edit |
爽やかな青空、6月最終日。
いつもの神社へ、木漏れ日の中、アカシアが満開。
6月は、たくさんの演奏の機会と出会いと催しと、、、
無事クリア出来ました。
皆さんの応援と、私の存在を受け止めてくれる環境と、
家族と自分の健康と、大好きな音楽。
明日からは、平成25年の下半期突入です。
また、頑張ります(*^▽^*)
IMGP1622.jpg

そんな中、兼ねてからの希望だった、スーパー歌舞伎、
実は、見に行ってしまいました。
日程的に無理だと思っていたのですが、おかげさまで、実現しました(*^▽^*)
博多なので、日帰りは出来ず前泊、夕方の博多座。
IMGP7543.jpg
早朝、ホテル近郊をお散歩していたら、赤れんがの建物が!
IMGP7568.jpg

休憩含めて、11時から15時半、長丁場です。
途中、客席で昼食。
これがどうにも違和感があり、食べないつもりでしたが、
あまりにも、周囲の皆が美味しそうに食べているので、
慌てて、購入して、私も食べました。
IMGP7620.jpg

4時間半、途中、中だるみの感も、、、と聞いていましたが、
全く、そんな事はなく、あっという間に、時は流れました。
私が、蝦夷の人だからかもしれませんね。
何もかもが素晴らしく、役者さんも、話も、舞台展開も、衣裳も、音楽も、踊りも。
音楽の中には、もちろん笛の音色。
雅だったり、夜だったり、綺麗だったり、悲しかったり、寂しかったり、切なかったり、
場面が転換したり、和みだったり、色々な想いが発信されて、
それを受け止める方の気持ちを、更に、よいしょするのが、笛の醍醐味と感じました。
笛は、やっぱり、素晴らしい楽器です(*^▽^*)
プログラムに、1か月25回公演を8か月以上こなした時、
その役が自分のものになると、猿翁氏が書いていました。
私はまだ、それだけ本番をこなした曲、無いです。
芸道は、厳しく、どこまでも続きますね。
博多座が日帰りできるのなら、もう一度、見に行きたかったです。
修学旅行の学生も、たくさん来場していて、
そういう修学旅行って、いいなあと思いました。
IMGP7617.jpg

7月は、札幌で、歌舞伎を見ます(*^▽^*)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する