一緒に、篠笛を吹いてみませんか。 札幌発の篠笛情報をお届けします。                                  HP http://ainosatopiano.web.fc2.com/fue.htm
2017年06月24日 (土) | Edit |
告知もご案内も出来ないまま、大きな催しが終了しています。
小樽での笛の会。
お天気が心配で心配で、あまりにも心配したので、
思いっきり晴れましたm(_ _)m  感謝です。
DSC_6104.jpg
朝に、この写真を一枚撮り、その後は、ハッと気がつくと、
私の出番になっていました(最後から2番目)。
皆さんは、色々な想いを、笛の音に乗せ、
そして、その音色から、色々な事を想い、
思い出深い笛の会となったようです。
来年しましょうは、ダメです、今出来ることをしましょう。
生徒さんに言われました。
本当にそうです。
笛の会は、一年の集大成でもありますが、
一年の始まりの日です。
宜しくお願いいたします。

そして、晴れの恩恵を受けた催しの後は、
こんなに降りますか、風も吹きますか、、、という日に、
キャンドルナイト。
前代未聞の市役所聖火台前。
竹あかりを灯し、コンサート。
雨風が当たると大変なことになる楽器の方は、
小屋の中に非難したり、中止にしたり。
私は、傘を持っていただけるとの事で、GOGO.
19366510_1303524529767685_980161427997271912_n.jpg
笛の演奏に七夕のお話が入ることもあり、
天の川をイメージした、竹あかり。
DSC_5129.jpg
終了後に、仕事帰りだという男性が、
いいもの聞かせて頂きました、日本の音ですね。
と声をかけてくださいました。嬉しいですm(_ _)m

雨が降っている中での演奏は、2回目です。
傘を持ってくださる方は大変で申し訳ないのですが、
しっとりと音が響いて、実は、心地よかったりします。

そして、待ちに待った時計台まつり記念演奏会。
往復はがきでの応募、かなり、落選があり、、、一喜一憂。
当日、どうなるのかと。。
開場時間前には、時計台を囲むように、ずらーーと並ぶ人の姿が。
本当に、たくさんの方にお越し頂きました。
そして、この催しを楽しみに来ました、というお客さんの気迫が強く、
会場は、高い緊張感に包まれ、演者は、かなりドキドキ。
色々な演目が、いい意味で掛け算になり、
お客さんも、演者も、満足できる公演になったのでは、、と
私的な感想です。

音色を聞いて、舞を見て、曲芸に興奮して、
五感をフル回転させて、プログラムが終わる頃、
演者もお客さんも一体感があり、
これが、伝統芸能の力かなと思ったりもしました。

お越しいただいた方が送ってくださった写真。
19399994_455433008141223_210994407447461266_n.jpg

獅子舞。大人気でした(*^▽^*)
もっと近くで見たかったのお声もあり、
この日の、獅子舞、写真に撮る余裕が無かったので、
一ヶ月前の、制作中の獅子舞をご紹介↓
(縫っているのは、私ではありません、こん太さんです)
DSC_5024.jpg

私は、母の半世紀を超えた振袖を着ました。
夫に、すずめに見えるように撮ってもらいました。
DSC_6147.jpg

時計台まつり演奏会に、賛同してくださった皆様。
ありがとうございました。
また、何か、出来ることを見つけて、
ご一緒できたらいいなと願うばかりです。
そう思っていると、実現するということも、今回判りました(^^

そんなこんなしている中、
笛の会の前々日の朝、
お誘いいただいて、神宮祭の行列の方の着付け手伝いへ。
早朝に、たくさんの人が動いていて、
北海道神宮、人民の力を総動員して、、、
そんな印象でした。
着付けの仕方、これで判ったと思ったときに、終わりました。
いい経験でした(*^▽^*)
DSC_5093.jpg

来週からの催し群へ向かって、スタートです。
その前に、明日、ちょっと旭川へ出かけてきます(*^▽^*)
最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。
良い週末をお過ごしください。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する